行政書士(続き)

スポンサードリンク

行政書士資格試験の受験資格には、特別な条件や要件は必要ありません。
試験の合格基準は、全体で60%以上の得点をかつ、法令科目で50%、一般知識で40%の得点が必要とされています。但し、問題の難易度により補正的措置が採られることがあります。
行政書士資格取得を目指す場合には、専門学校や通信講座で勉強される事が多いようです。
行政書士の予備校もありますね。
専門学校系では、資格の大原などが有名ですね。資格の大原などの学校や塾の場合、資格試験問題の予想問題を考えてくれたり、資格試験終了後には解答速報も出してくれるので有効に利用しましょう。また、資格の大原では行政書士資格の通信講座もあります。このような施設では無料で資料請求を受け付けていますので、一度目を通されるのもよいかもしれません。
行政書士では塾という名前の教育施設が多いのが特徴的ですが、なかでも伊藤塾という資格関連の塾は結構有名なようです。行政書士の資格の他に公務員試験のコースもあるようですね。

最近では、行政書士関連のブログや情報サイトが多くなってきました、中には行政書士の偏差値ランキングなるものまで好評するサイトがあるようです。
このようなブログやサイトでは、行政書士の方の生の意見が聞けたりするので、大変便利な場合があります。なかには行政書士を語った詐欺などの情報を見つけたりするかもしれませんね(笑)

行政書士資格は以前は、あまり人気のある資格ではありませんでしたが、ドラマの影響や最近の難易度の向上のお陰で、資格としての地位は上がってきています。企業への就職にももっていて悪い方へ影響することはありません。機会があったら、行政書士の資格に挑戦してみてはいかがでしょうか。
行政書士
 
タグ:行政書士
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。