CADの資格

スポンサードリンク

CADやCAMの資格は、ここ数年で注目されるようになってきた資格です。
CAD資格は、保育士介護福祉士などの国家資格と違って、基本的に民間の団体が認証している民間の資格で、CADの資格試験の種類も多いのですが、認証、運営している団体も多いです。
CADを使う仕事をする人を、CADオペレーターという事から、オペレーター(CADオペレーター)の資格と呼ばれる事もあります。
CAD資格を挙げると

  • CADアドミニストレーター認定試験
  • CAD実務トレーサー認定試験
  • CAD実務マスター認定試験
  • 3次元CADトレーサー認定試験
  • 3次元CADアドミニストレーター認定試験
  • AutoDesk Master試験(2DD/2DE/3DD)
  • 建築CAD検定試験
  • インテリアCG検定試験
  • 建築CADデザイナー資格認定試験
  • CAD利用技術者1級試験
  • CAD利用技術者2級試験
  • 三次元CAD利用技術者試験
  • CADトレース技能審査(建築・機械部門)

などがあります。なかでも、CAD資格として人気が高いのは、CAD利用技術者の資格と、CADトレース技能審査の資格です。また、最近では三次元CAD(3D・3次元CAD)の資格が人気が高いようです。
CD利用技術者の資格は社団法人コンピュータソフトウェア協会が実施しています。CAD利用技術者試験には1級と2級の種類があり、1級は筆記試験と実技試験。2級は筆記のみとなります。

CADの資格試験では、学歴や経験のような受験資格はほとんどありません。
一口にCADといっても、実はCADにはAutoCAD(オートキャド)やJW CADなどいくつかの種類があり、この種類(ソフト)が違うと操作も異なります。なので、CADを使えると言っても、どんなCADでも使えるわけではないので注意して下さい。
CADというと、建設業界で使われる事が多いのですが、日本の建設業界で人気のCADソフトはAutoCADとJW CADです。機械設計や土木の設計関連の業界はAutoCADを、建築設計関連の業界は、JW CADを主に使っています。自分が将来働きたい業界で多く使われているCADを調べて、そのCADの資格を狙い撃ちするものよいと思います。AutoCADは世界的にも使っている人が多いので、潰しが利くという意味では、AutoCADの資格試験を狙う人は結構多いようですね。

CAD資格を取得するには、CAD資格スクールといった専門学校のようなところで学ぶ方法と、ユーキャンなどの通信講座(通信教育)で学ぶ方法が代表的です。どちらもCADの資格試験に向けて試験問題を繰り返し解いていくことに変わりはありませんが、CAD資格の場合は、実際にCADの操作を覚える必要がありますので、パソコンが苦手な方などは通信教育よりもCAD資格スクールなどで勉強した方がよいかもしれません。

CADの資格を取得すると就職に有利に働く事もありますが、基本的にはその会社で使っているCADに慣れるまでは、あまり仕事になりません。ですので、CADの資格を持っているからといって、就職試験の面接であまり大きな事は言わない方がいいかもしれませんね。
CADを使った仕事は、目で見る情報がほとんどですので、CAD資格は聴覚障害の方にも注目されています。
CADの資格試験は、東京、大阪、仙台、福岡など全国の主要都市で行われています。CADの資格試験の日程を確認して、計画的に勉強を進めましょう。

タグ:CAD 資格
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。