ファイナンシャルプランナー

スポンサードリンク

ファイナンシャルプランナーの資格は、金融関連の資格でFPと略される事も多いです。最近の不景気や将来的な不安から、住宅ローンや老後の資産運用など個人の資産形成について興味を持ち始めた方が多いのですが、これらの事項はとても個人では追いきれるものではありません。そこで、頼もしい見方になってアドバイスをしてくれるのが、ファイナンシャルプランナーというわけです。

ファイナンシャルプランナーの資格には2種類あり、一般的にファイナンシャルプランナーとして認識されているのは、AFPと呼ばれる資格です。これに対し、金財(きんざい)FPと呼ばれる資格で、難易度としては、AFPの方が高く、一般的な認識も金財(きんざい)FPよりもAFPの方が格が高いとの認識だと思われます。金財FPの資格はどちらかというと個人のスキルアップのためという印象で、AFPの資格は、独立を目指す人達も資格の取得を目指すという印象です。
金財(きんざい)FPの方は、正式には、ファイナンシャルプランニング技能検定試験と呼ばれ、1級、2級、3級の区別があり、それぞれ学科試験と実技試験に合格する必要があります。

AFPと呼ばれる資格は、日本ファイナンシャルプランナーズ協会が認定します。ファイナンシャルプランナーズの検定試験も同協会が運営しています。ファイナンシャルプランナーの資格を取得するには、同協会から認定された研修を修了し、2級FP技能検定に合格した後、日本ファイナンシャルプランナー協会に資格認定会員として入会する必要があります。ファイナンシャルプランナーの受験資格としては特別な資格は必要ありません。2級FP技能検定には学科試験と実技試験があり、最終的には両方合格する必要があります。金財FPの2級FP技能士の試験との関係で学科試験か実技試験のどちらかが免除される場合がありますので、よく調べてみましょう。

ファイナンシャルプランナーの資格には、提案書の提出といった課題があるのが特徴的で、本試験の前に提案書の課題に合格しておく必要があります。協会から認定されている研修で勉強を始めてから数ヶ月すると提案書の課題を提出できるようになります、本試験までにその提案書の課題をクリアするというわけです。
ファイナンシャルプランナーの資格試験は、年に数回行われています。提案書の課題に合格する期間も含めて、試験日程を確認し、確実に申し込んでおきましょう。

ファイナンシャルプランナーの研修は、通信講座(通信教育)や専門学校で受けることができます。通信講座ではユーキャンが、専門学校としてはレックなどが有名ですね。もちろんユーキャンにもレックにもはファイナンシャルプランナーの講座があります。どちらかといえば、ファイナンシャルプランナーの資格は、通信講座で勉強する人の方が多いと思います。

ファイナンシャルプランナーに無料で診断してもらったり、無料で相談を受けてもらえるサービスもあります。
無料ではありませんが、「ファイナンシャルプランナーが作った家計簿」というソフトもあります。「ファイナンシャルプランナーが作った家計簿」は、毎日少しずつ節約を続けていくことで、最終的には大きな金額を節約できるといったコンセプトのようですが、テレビや新聞で紹介されており、かなり人気です。
カービュー 無料査定 申し込み

栄光ゼミナール 資料請求
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。